We create new value.

Who we are

スタートアップとともに頂へ

CORDADA JAPANは、
魅⼒のあるアイデアや未来のテクノロジーを、
最短ルートで具現化させるために⽴ち上げた会社です。
事業プランを⼀緒に創り、共にスタートアップを
起業し、適切なタイミングで専⾨分野の
プロを投下し、
さらに、ベンチャーキャピタル
との連携が事業を加速させます。
これが、私たちのワンストップ
スタートアップ⽀援です。

Our business

私たちの事業をご紹介します。

コアマーケットを最大限に活用

当社は中小企業のコンピュターシステムを活用した事務の効率化の時代からIT・クラウドの変遷を経験してきた母体会社のネットワークを活かし、スタートアップの皆様に確かな支援をします。成長とともに適切なタイミングで共感できるプロ人材を投入し、いち早く事業を成長に導きます。

資金調達を見すえた支援活動

アクセラレーターやインキュベーション・VC・CVCなどスタートアップを支援する市場が活性化している今、当社からも経営に影響を与えない範囲で少額投資をさせていただきます。資金調達に関してはベンチャーキャピタル企業と連携しVCピッチなどの機会を提供します。

テクノロジーを速やかに事業化

独創的なテクノロジーを持つ企業やSaaS事業者を対象に、既存ビジネスの発想の転換や未来を見すえた顧客満足、価値の変化に即した事業開発をともに作り上げます。事業の検証、商品開発、販売チャネルを共有しながら、中小企業マーケットへの速やかな事業化を実現します。

2つの主なサービス

CJスタートアップアクセル

中⼩企業マーケットにITサービスを
最短ルートで到達させるためのプログラム


3ヶ⽉と3年の2ステージに分けて、スタートアップを起業し、ITサービスの事業成⻑をコミットするワンストップの⽀援プログラムです。

CJアドバイザリサービス

中⼩企業マーケット向けに
新規事業や商品開発の検討時のメンター的存在


6ヶ⽉間のアドバイザリ契約期間において、CJが連携する⽅々とのネットワーキング活動や、オープンイノベーションの機会を創出します。事業主の⽅々にとって今後の事業のアクセルに繋げます。

Work cases

CORDADA JAPANの前身事業からの
支援による
実績の一部を紹介。

中小企業が活用できるRPAとは?

事業主様:RPAソフトベンダー様
中⼩企業にはなぜRPAが浸透しないのでしょうか?というRPAソフトベンダーよりご相談を頂きました。時代がまだ早いのか、それともRPAの認知度が低いのか、はたまたロボッドに置き換えるほど忙しくないのか・・・いろいろ考察とマーケティングをしました。結論中⼩企業は業務フローが定まっていないことでRPAの導⼊にとって重要な何を削減したいのかが⾒えないという⼤きな障壁にぶつかりました。そこで、わたしたちは中⼩企業の担当者(ユーザ)の⽇々の業務からロボットが作成されるOwnRoboの設計思想と、中⼩企業の担当者レベルでも体験・作成ができるかんたんなRPA+仮想デスクトップモデルを開発し、現在事業化に向けて進めています。
CJスタートアップアクセルの活⽤:約4ヶ⽉
中⼩企業向けクラウド環境での仮説と検証、アイデアからPoC開発、販売チャネルの共有と新規開拓。

中小企業のデータが活用できるストレージとは?

事業主様:⼤⼿向けクラウドストレージSaaSベンダー様
クラウドストレージサービスは群雄割拠の時代を向かえ、個⼈・ビジネス問わず、また有償・無償に関係なく⾮常に多くの⽅々が利⽤しています。中⼩企業でも便利だからとか無料だからという理由からか社内のデータをアーカイブのように利⽤したり個々が勝⼿に利⽤するためデータが分散することで社内には同じファイル、データを繰り返し作成するといった無駄な業務が発⽣しています。そこで、⼤⼿向けクラウドストレージを展開しているSaaSベンダー様とともに、この⾼度な技術と確かなサービスを中⼩企業マーケットで活⽤頂ける術はないだろうかと事業のアイデアを出し合いました。そこで、会計・給与・販売管理パッケージなどを中⼼に中⼩企業向け業務クラウド環境を提供する事業者と協業することで⼤⼿向けクラウドストレージを中⼩企業向けに開発し、さらにストレージ=データ活⽤のエントリーモジュールを開発し事業化に向けて進めています。
CJスタートアップアクセルの活⽤例:
中⼩企業向けクラウド環境での仮説と検証、アイデアからPoC開発、販売チャネルの共有と新規開拓。

中小企業の事務処理を楽にする帳票サービスとは?

クライマー:帳票システム開発企業様
すでに官公庁向けにAI技術を⽤いた帳票システムを提供していた事業者様の製品を拝⾒して、すぐに中⼩企業向けに事業化されることをご提案差し上げました。中⼩企業の帳票類の事務処理が楽になる帳票サービスはニーズとして顕在化していたこともあり、両社で事業化に向けた仮説と検証を繰り返し、プロトタイプを開発。将来的にあらゆる企業の帳票の事務処理を楽にするだけでなくデータの活⽤⽅法をご提案できるプロダクトとして期待をしています。
CJスタートアップアクセルの活⽤例:
中⼩企業向けクラウド環境での仮説と検証、アイデアの事業化、販売チャネルの共有と新規開拓、事業計画の策定⽀援、共同会社の設⽴ と検証と開発へ進み、マーケットのフォーカスと同時にミニマムスタートを始めています。

About us

会社名 コルダーダジャパン株式会社
代表者 代表取締役 辻村 ⼤
所在地 東京都中央区銀座6-10-1 GinzaSix WeWork
設立日 2019年8⽉5⽇
資本⾦ 1,000万円
事業内容 ITサービスのスタートアップ⽀援
関連会社 コルダーダ株式会社
取引銀行 りそな銀行 新橋支店

電話でのお問い合わせは方は、
050-6864-6464をご利用ください。

メールでのお問い合わせの場合は、
専用フォームをご利用ください。

〒104-0061
東京都中央区銀座6-10-1 GinzaSix WeWork

東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線、「銀座」駅(徒歩2分)
都営地下鉄浅草線「銀座」駅(徒歩3分)